はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して見るのが好き。その記録や映画観賞、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「樹木希林を生きる」(NHKスペシャル)

「女優」という職業の人たちは、なんて孤独で孤高なのだろう。改めてこの密着取材のラスト、樹木希林の後ろ姿を見て思った。

スクリーンで観る飄々としたおばあちゃん、どこか諦観したような抜けた感じ、そういうたぐいのものは、インタビューに答える希林さんからは見られない。遠くない死に向い確実に歩む自分と向き合い、自分と関わる人に対して、最後に自分ができることは何かを真剣に考えあぐねる人がいた。それは密着取材をするディレクターにも向けられた視線でもあった。

ああ、こういうことか。「人のために祈り・・」とは。

半世紀以上女優として、何人もの女や時には人以外のものにも成って生きてくれば、あのようになれるのか・・・。

あんな風にはなれない。あんなに孤高ではいられない。

打ちのめされた。

静謐な中に小さく赤く燃える炎、あるいは線香花火の火の玉のようなものを、痩せた背中の奥に見たような気がした。