はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して見るのが好き。その記録や映画観賞、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「西郷どん」

大河ドラマ、最初から見るか途中から見るか。(ん?どこかで聞いたような・・)

不実な感じがして後ろめたいが、直近2年は途中から、しかもかなり終盤から見ている。見るつもりなかったのが、やはり後半の佳境にきて俄然面白くなるのだから仕方ない。

で、今回の「西郷どん」もいよいよ坂本龍馬が登場した回から視聴。しかも、私の好きな小栗旬が演るではないか!小栗旬のワイルドでちょっと粗野な感じ、でも茶目っ気ある様子は龍馬にピタリとハマる。

実は数年前に大河で福山龍馬を放送した時、張り切って初回からテレビの前に正座して見たのだか、あまりのリアルな映像に、本物の龍馬ファンとしては、その最期を知るだけに見続けることができなかったという暗い(?)過去を持つ私。福山龍馬の整いすぎた顔と線の細さがが引っかかったのもある。(実は福山さん、身体作ってましたけどね)

でも今回は龍馬は主役じゃないし、最期はナレ死かもしれないし(!今から言うな!)、小栗旬が演じるカッコいい龍馬だけを見られるもんね。(そう、龍馬の最後を見たくないのさ)

でも、昨日の登場は、小栗龍馬、遠憲さん(遠藤憲一)に喰われてました。いやあ、遠憲さんの勝海舟、カッコ良すぎる‼ 勝海舟って実は男前だったのに、遠藤憲一?とちょっとだけ頭を掠めたのだけれど、そんな雑念がぶっ飛ぶほど作ってきていました。早口の江戸弁、鋭い眼、だけどとても澄んでいて聡明さを醸し出し、、、さすがに遠憲と感服致した次第です。がんばれ、小栗龍馬。

 

しかし、毎回思うけど、大河ドラマって大したものだよね。製作費もすごいんだろうけど、やはりその現場に挑む俳優たちの意気込みがテレビ画面からでも滲みでているわけで。主役の鈴木亮平なんて、本当に立派でござるよ。