はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して見るのが好き。その記録や映画観賞、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「ちーちゃんは悠久の向こう」

我ながらよく続く。林遣都作品のムサボリ。

この作品は、「バッテリー」に続く彼の映画2作品目。「バッテリー」では、実年齢より下の13歳の役だったけどこれは実際の年齢と同じなんじゃないかな。高校1年生。こんな初期から仲里依紗と共演してるわ。この後「レジデント~5人の研修医」「パーティーは終わった」でも共演してるよね。そして見つけた‼ ブレーク前の髪の長い波瑠!陰気で病気がちな女子高生、おまけに脳梗塞で死んでしまうという、なんとも気の毒な役。

今は演技派、若手俳優のこの3人も、当時はなかなかフレッシュな演技なんだけど、共演者(武藤先輩の高橋由真)の演技が下手で、全体的に”フレッシュな”(つまり、おぼつかない)印象を随所に感じながら観賞。 

 

幼なじみのちーちゃん(仲里依紗)ともんちゃん(林遣都)の学校オカルト探検の傍ら、もんちゃんが弓道部の武藤先輩から告白されたり、もんちゃんの家庭問題(母の家出、父の飲酒)が交差しながら淡々とお話は流れ、最後にえええーっていう展開があり、本当に最後に!!そうなの?で終わるお話。

観賞後、「…ってことはぁ、…」と映画のシーンを回想しながら、いくつもいくつも、もんちゃん(遣都)の行動や思考を反芻する羽目になる、そういう意味では実は深い話だったような気がする。いつまでも一緒にいたい人を思い続ける恋愛ファンタジーってことで、遣都は実に複雑な心情を演じていたわけだ。原作は小説家の日日日(あきら)が高校生の時に書いたそうで、賞も取っている作品。

 

ところで、最近の映画で高校青春ものって20代の俳優が演じていることが多いけど、林遣都が出ている初期の作品は、周りも含め実年齢で高校生を演じているものが多い。(「バッテリー」は高校1年で中学生の役。)20代が演じる安心感がベースにあっての恋愛キュンキュンよりも、嘘臭さがない青い演技が逆に説得力があるってことに気づく。中学生による中学生のドラマ「金八先生」と一緒やね。

16歳(たぶん)の林遣都は、この作品に出演するどの女優さんよりも肌が白くて綺麗で(仲里依紗よりも!ごめん!)、今みたいに笑った時目じりに皺も出ないし、ほんとに可愛らしいぴかぴかのもんちゃんでした。ぴかぴかの林遣都くんの永久保存版ビデオと言えるかも。