はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して見るのが好き。その記録や映画観賞、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「おっさんずラブ」- 7

おっさんずラブ」のドラマとしてのクオリティを上げている要素の一つとして、劇伴(劇中で流れる曲のこと)も外せないと思う。

主に黒澤部長と春田のやり取りで流れる2曲、力強さ(ハプニング含む!)と、清さ(尊敬に値する純粋さ)、そして牧春シーンで流れるほっこりミュージックや、牧やしずちゃんの切ない曲、どれも印象深く、今でも頭を回る。
どの曲も見ている者に、期待通りのシチュエーションを予感させ、安心して感情をいっしょに高ぶらせてくれるのだ。まさに秀逸。
河野伸さん、最高でした。

おっと、スキマスイッチの主題歌「Rivival」も言うまでもなく!