はやし蜜豆の犬も歩けば棒に当たる、

好きな俳優の作品を集中して見るのが好き。その記録や映画観賞、日常気になる現象をぼそぼそ綴っていきます。

「ふしぎな君が代」- 辻田真佐憲著

ワールドカップの日本戦で国家斉唱の時、テレビの前で「君が代」を歌ったことを以前書いた。右や左の思想でないことを断って書いたのだが、「君が代」が物議を醸す理由について今の自分の理解以上のものを得たくて、Amazonで見つけたのがこの本。
Amazonのプレビューでも評価が高く、丁寧な時代考証と偏りのない考察で「君が代」について、なんとなく論議することを避けているのではなく国歌としての成り立ちや賛否について各人が考えてみようと一石を投じている、まさに”良書”だと思う。


本は「君が代」について、以下の6つの視点(本の帯より抜粋)で考察し著者の考えを述べている。

  • なぜこの歌詞なのか
  • 誰が作曲したのか
  • いつ国家になったのか
  • いかにして国民に知れ渡ったのか
  • 戦中・戦後をどのように生き延びたのか(国歌として)
  • なぜいまだ論争の的になるのか


明治維新直後「君が代」が国際的行事で演奏される”国歌”として誕生したドタバタ劇も、へええぇぇぇ。って何度もボタンを叩きたくなるものだったし、歌詞に至っては、1000年以上前の古歌に遡り世界最古、かつ最短の国歌であるらしい。
また、どういう経緯で日本国中に広まったかについては、レコードのない時代は何番まで歌うか、繰り返し歌うかなど、バラバラだったという話など面白い。
読み終えて最もインパクトがあったのは、著者が「君が代」を歌う国歌から聴く国家にすれば、すなわち”歌う”という行為を省けば、「君が代」をすばらしい国家として受容できるのではないかと結論づけていることだ。
なるほど。一つの歌を一緒に歌う行為は、まさに人々の心を一つにしていく。だから闘いの前に歌うのだ。(私でさえも思わず先のブログの通り試合前に歌ったのだ)そう言えばワールドカップの後日談で、選手たちも移動のバスの中でよく歌を歌っていた、と話していた。歌にはそういうパワーがあるし、歌うという行為は個人にとって能動的かつ技術と共に情緒も必要になってくる。だから、「君が代」に何らかのひっかかりを持っている人は声に出して歌いにくい。なるほど。そういえばサッカーの試合だけでなくスポーツの大会で演奏される国家を、選手皆が声高らかに歌っていないことを思い出した。これは日本の選手だけではない。歌っていない選手が国歌に”ひっかかかり”があるかどうは知らないけれど。


著者は、歌うことで日本は近代化を成功させた、とまで言っている。明治維新は、国内にいくつもあった藩(くに)を日本国という一つの国にまとめていく国づくり(近代化)から始まった。当時日本国のトップに祀られていたのが天皇であり、長い年月をかけて”君”の世を讃える「君が代」を小学校から歌い、重要な行事の度にソラで歌い続けることで、”君”を中心に国民がまとまっていった・・・。(もちろん、近代化を成しえた要素はそれだけでないことは言うまでもない。また現代では”君”は、あくまで国民の象徴としての天皇だろう。)

私は「君が代」を国歌として大声で、あるいは美声で歌えばいいと思っている。(だってサッカーの試合前に有名な歌手が「君が代」を独唱するのを見て、なんて気持ちよさそうに歌うのだろう、と羨ましいもの。)その点が著者と大きく違っているけれど、「君が代」が国家として今更変える必要もないのではないか、という意見は一致した。そしてそのことも含め、各人が「君が代」議論から、というか”考える”という行為から逃げることなく自分の頭で考え議論しよう、という点にも大いに賛成だ。

ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)

「キセキ ーあの日のソビトー」(2017年)

菅田くんが「GREEEEN」のメンバーを演じる、菅田くんが主役の映画だと思って観たら、どちらかというと松坂桃李が主役の映画だった。

音楽ビジネスの世界で求められるものと自分の目指す音楽の溝を埋めらなかった兄(松坂桃李)と、親の期待に背かず歯科医を目指しながらも、純粋に音楽に惹かれ才能を開花する弟(菅田将暉)。その才能を最初に見出すのは他でもない兄であり、自分にない、時代に求められた弟の音楽に嫉妬しながらも、それを世に出すことに自分の音楽の世界での存在理由を求めた兄の苦悩と喜びを見事に桃李が演じていた。

そして話の柱として医師であり厳格な父親との確執と、最期まで父親に認められたいといういう父への畏敬にも似た兄の思いが描かれている。父親に対する兄弟二人の態度は、今時そこまで親に服従的な態度で接する?というものだったけれど、だからこそ作っていなくてほぼ実話なのだろうと思う。最期まで、兄弟は父親を裏切らなかった。

メンバー4人が歯科医師の免許を持ち、顔出しをせずに次々にヒット曲を出すという稀有な存在のバンド「GREEEEN」誕生秘話。それ自体が興味深く、主役の二人(松坂桃李菅田将暉)の演技も光っていたけれど、正直、それだけって感じでした。

松坂桃李のメタルバンドのボーカルは、尖って怪しい感じがはまっていました。松坂桃李、声が素敵な俳優さんですよね。

 

 

「銀魂」(2017年)

よくもまあ、ここまで役者の無駄遣いをしたもんだとあきれてしまった。歴史上の人物や、アニメの大作をここまでパロディにしていいの?(たぶんOK)

ある程度幕末の登場人物を知っていたり過去の話題作を知っていればさらに楽しめる。

役者さんたちも、半ばあきらめて楽しんでいるように見えた。特に主役の小栗旬近藤勲役の中村勘九郎菅田将暉の変顔は「帝一の國」で証明済なので今更感はあるが、原作が漫画なので、まるでその漫画のギャクまんまのような役者さんたちの”キメ”変顔が、ありきたりなんだけど笑える。イケメンがやっちゃうんだもんねー。あと佐藤二郎と掛け合う菅田将暉菜々緒は、いかに笑いを堪えるかで役者根性を発揮しているような気がした。ありゃずるいは佐藤二郎。

その中で、岡田将生堂本剛だけ真面目な芝居をしている。そうそう、久しぶりにかっこいい、演技している堂本剛を観られて良かった。うーん、それくらいかな。

この夏公開される「銀魂2」ではさらに役者陣がそろっている。1作目が興行収入40億円近くいっているんだから、続編にも期待がかかりますよね。

「花芯」(2016年)

瀬戸内晴海(寂聴)原作で、女性の性愛を大胆に扱った作品ということで、1957年の発表当時、過激だと批判を浴びたそうだ。そう言えば、WOWOWのドラマで話題になった水川あさみ主演の「ダブル・ファンタジー」も女性の性愛への欲求を大胆に描いて話題になった。小説「花芯」は発表から実に60年近く後にならないと映画化されなかった。そして2018年にも、同じテーマの作品が出ると話題になる。女性のあるべき姿への幻想は、時代を経ても変わったようで実はそんなに変わっていないのかも。

 

主人公の愛のないセックスに溺れていく様に共感できないという声は多いけれど、こういう女はいると思う。しかも少数派ではないと思う。ただ、実際に性愛を求めて家庭を捨てられるかどうかは、理性と良心と、そして強さの問題のような気がする。性だけでなく、自分の思うところで奔放に生きることには憧れるけれど、実際にそれができる人はあまりいないだろう。

さて、林遣都は撮影時25歳くらいだろうか。主人公と愛のないセックスを繰り広げ、挙句に逃げられる亭主を演じている。映画全体の3分の1くらいが濡れ場で、林遣都の登場シーンは7割くらいが濡れ場(?)林遣都の女優との濡れ場って初めて見るお。(なんでここで?)まあこの映画は、なんといっても主演の村川絵梨のものだし、体を張った演技も良かったし、何より美しかった。

着物が様になる昭和初期の男を演じるにあたり、胸板が厚くないのも一つ説得力になると思う。そういう意味で林遣都も不倫相手役の安藤政信もナイスキャスティングってことで。

 

 

 

「dele」 - 3

ドラマを見たというよりは、映画を観た後のような余韻が残った。

第3話、高橋源一郎余貴美子をゲストに迎えた、時間をかけて育まれた大人のラブストーリー。(やはりこれはラブストーリーなのではないだろうか。)

年月を語る映像の、高橋源一郎のアップの表情と猫背の背中に、諜報活動の殺伐さではなく、一人の女性を見守る優しい目線とその何でもない日常に癒される男の安らぎが見てとれる。柔らかい映像も美しかった。

ラストはスパイものにありがちな緊張感と悲劇的な展開。余貴美子は煙草が本当に似合う女優さん。今回はゲストの俳優二人が主役として際立っていて、菅田山田は狂言回し的に二人の秘密を明らかにしていく。

いやあ、思いがけずいいものを観た。優しい余韻に浸れた金曜の夜。

「グッド・ドクター」 - 3

最近の子役はエグいほど演技がうまい。第4話で母親に虐待されていた女の子が、父親に真実を話す演技に世間の涙腺は壊れたらしいけど、私はその父親の、涙を振り絞って涙出ない現象が気になってそれどころではなかった。達者な子役のちょっとやそっとの涙では、悲しいかな泣けなくなった自分がいる。はずだった。

しかし、今回、子ども・名演技+子ども・合唱ときた!これはいかん。子供たちの歌う「365日の紙飛行機」の無垢な(に聞こえる&子役ならではのうまさを感じる)合唱の声。しかも、自身も病気と闘っているの小児病棟の子どもたちが、病気が再発した仲間を勇気づけるために歌うのだ。号泣しちまった。

 

山﨑賢人はがんばっているし演技も高く評価されているが、どうも私には単調に思えて飽きてきた・・・。自閉症という役作りで仕方ないのかもしれないけれど、そう感じたらアメリカ版のフレディ・ハイモアはどうなんだろうな、と興味が湧いてきた。

 

「7 days backpacker」/ドキュメンタリー(2009年)

どうしても「パレード」を観たいのに、近所のTSUTAYAでは、いつも貸し出し中になっている。この地域にも林遣都ドはまりの人間がたくさんいるのかな。

仕方なくTSUTAYAの検索端末で林遣都を検索したら、初めて出てきた「7days backpacker」、ドキュメンタリービデオ。18歳の林遣都がお膳立てなしで、初めての海外旅行を一人でするという企画。(Presented by HIS) カメラマンとディレクターは同行するけど、自撮りビデオも持たされ、基本自分で乗り物を探し、宿を取り、ホーチミンからカンボジアアンコールワットを目指す7日間の旅の記録。

旅立つ前日、自撮りビデオに向かって不安いっぱいのコメントと顔。ホーチミンに降り立ち、言葉の通じない異国の現地の人が怖いと言っていたのに、半分過ぎた頃からアジアの湿ったあたたかい空気を吸って、人とふれあい、騙されたりふっかけられたり、親切にされたりしながら、生き生きと旅を楽しむ青年の顔になっていく。

気のきいたコメントがあるわけでもなく、事件らしいこともなくすごい感動があるわけでもないけれど、林遣都ファンなら必見!(まじ、絶対!)驚いたり、慌てたり、素直に喜んだりする18歳の素の林遣都がいる。

 そして、私は林遣都の自撮りビデオに映る就寝前や寝起きの顔のアップを見ながら心の中で叫んだよ。"なんじゃーー!この生き物はぁぁっ!" 今になって”チワワ”とか言われているけど、アフリカのサバンナにいる草食動物を彷彿させる、大きな目と三角の顎、ぼさぼさっとした頭。それが訥々と日本語をしゃべってるーーー!!!そして、当たり前ですが(同一人物なので)時々、牧くんのあのとき見た表情が出たりする。笑った時、照れたとき、変なものを食べた時……。悶絶。

ロングで撮られた林遣都は、ちょうど年頃、体形で「ギルバート・グレイブ」のレオナルド・ディカプリオに似ていることに気づいた。ポキポキ…。細長い手足を音で表すとこんな感じ。(だから、この頃の林遣都が私はすきなのかなー。)

大人でもない、少年でもない、まだ確固とした将来の野望さえ見えない、その先が真っ新の若者。その様が眩しくて、愛おしい。

カメラマンやディレクターの大人に対して「・・・です」とちゃんと丁寧語で話していて、礼儀正しい林遣都君にさらに好感がもてました。

 

7days, backpacker 林遣都 [DVD]